bお知らせ
bプロフィール
b新刊案内
b出版一覧
bインタビュー
b対 談
b雪月花
bエッセイ
b書 評
bその他
bAudio&Visual
b講演会
b読者の声


購買部 ご利用案内 お問い合せ

いのちの養生法

10

発売日 号 数 連載回数/タイトル
1月1日 2月号 [第41回]鍼をさす事はいかん?
12月1日 1月号 [第40回]お灸の効用

発売日 号 数 連載回数/タイトル
・11月1日 12月号 [第39回]内より生ずる風
・10月1日 11月号 [第38回]湿気、おそるべし
・9月1日 10月号 [第37回]夏涼きことをきはめず
・8月1日 9月号 [第36回]湯治に行きたい
・7月1日 8月号 [第35回]入浴の心得
6月1日 7月号 [第34回]放射線と怒りの効果
5月1日 6月号 [第33回]放射能と『光ガード瞑想法』
4月1日 5月号 [第32回]眠る姿勢と夢の関係
3月1日 4月号 [第31回]理想の居室
2月1日 3月号 [第30回]房事のこと
1月1日 2月号 [第29回]タバコの損益
12月1日 1月号 [第28回]お茶とお茶漬け

10

発売日 号 数 連載回数/タイトル
11月1日 12月号 [第27回]酒は天の美禄?
10月1日 11月号 [第26回]諸菓、炙り食へば害なし
9月1日 10月号 [第25回]薑(はしかみ)を八九月食へば……。
8月1日 9月号 [第24回]薬味、和え物の効用
7月1日 8月号 [第23回]少(すこし)うゑても害なし
6月1日 7月号 [第22回]食ふに語らず
5月1日 6月号 [第21回]時ならざるは食はず
4月1日 5月号 [第20回]羹(あつもの)は熱きに宣し?
3月1日 4月号 [第19回]秘すれば危うし
2月1日 3月号 [第18回]目と歯とを保つ法
1月1日 2月号 [第17回]頭寒足熱(ずかんそくねつ)
12月1日 1月号 [第16回]手による自愛


09

発売日 号 数 連載回数/タイトル
11月1日 12月号 [第15回]首から上の、宜しきこと
10月1日 11月号 [第14回]唾と痰の扱い
9月1日 10月号 [第13回]山中の氣
8月1日 9月号 [第12回]「嗇(しょく)」たるべし
7月1日 8月号 [第11回]詠歌と舞踏と下品な素振(すぶ)り
6月1日 7月号 [第10回]雷と正坐
5月1日 6月号 [第9回]私の呼吸法
4月1日 5月号 [第8回]氣と息
3月1日 4月号 [第7回]呼吸と丹田
2月1日 3月号 [第6回]昼寝の功罪
1月1日 2月号 [第5回]「重くなった」睡眠法
12月1日 1月号 [第4回]短く深い、上質なねぶり

08

発売日 号 数 連載回数/タイトル
11月1日 12月号 [第3回]身は心のやっこなり
10月1日 11月号 [第2回]内慾を去って天年を保つ
9月1日 10月号 [第1回]お大切

清流

清流出版のサイト→

主婦たちへ贈るこころマガジン
月刊「清 Seiryu 流」
清流出版 刊行日:毎月月初
1冊からの注文を承りますが、格安な年間購読をおすすめします。
A4変型判 96頁(カラー48頁)
年間予約購読料 8,000円(1年)/1万5,000円(2年)
バックナンバー 1冊700円(送料・税込)

【内 容】
女性の生き方、心のあり方を考える中高年の主婦向けの雑誌です。
購読のお申し込みは清流出版のサイトからどうぞ。


いのちの養生法 第1回 お大切

連日のように、“いのち”がないがしろにされたニュースが届きます。
さまざまな要因から、「生きづらさ」が指摘される私たちの国で、必要なのは、どんなことでしょうか?その答えの一つが、他人やこの世のすべての、そして自分自身の“いのち”を大切にする意識をもつことだと思います。作家で僧侶としても活躍中の玄侑宗久さんに、“いのち”を養生することについて綴っていただきます。

 年間の自殺者数が、十年間連続で三万人を超えた。
 地震も怖い。餓死する人々も世界では年間二万人を超えている。しかしもっと怖いのは、自らのいのちを大切に保とうと思わない人々の増加である。
 いのちがなぜ大切なのか、それは難しい問題である。おそらく合理的な答えはないだろう。というより、合理的な考えには必ず反論がありえるから、大切じゃないと思う人もその結論を合理的に導いたということを忘れてはいけない。
 合理性などというのは、そのくらい恣意的で半端なものなのである。
 ならばいのちが大切だと感じる人には、どういう根拠があるのか、というと、まずおそらくは幼い頃に、大切にされた体験があることだろう。無条件に抱き、微笑(ほほえ)み、食べ物を与えてくれた親たちの存在が大きいはずである。
 しかし最近は、不幸なことに、この体験を欠く人々がいる。いのちが大切であることは、今や自明のことではないのだ。
 なんとなく大切にされたから、自分も大切にする。昔はそれでよかったのかもしれないが、今は大切にするといってもその方法さえ知らない人々がいるのである。
 幼い頃に浴びせられた非道(ひど)い言葉から立ち直れず、前世にまで自分の存在根拠を求める人々もいる。本当にご苦労なことだと思う。
 しかし私は、そのようなやり方ではなく、もっと現実的にいのちが大切だと感じられる方法をご提案したい。
 当たり前のことだが、大切にしようと努力しつづけていると、それはすぐに大切なものになる。恋人の存在を想えばわかるだろう。恋とは、大切にする行為や思いの総称なのである。LOVEが「お大切」と訳された時代もある。
 思いが離れたので、メイルも減り、電話もしなくなったと考えがちだが、実際はそうした行為が減ったから思いが離れたのではないだろうか。行為する努力そのものがじつはLOVEなのである。
 それならいのちを大切に思うことも簡単なことだ。なぜ大切なのか、などと理屈を拈(ひね)ってないで、早速大切にしはじめればいい。
 いのちを大切にする具体的なやり方のことを、昔から「養生」と呼ぶ。今も畳屋さんとか大工さんなどは、仕事にかかるまえに周囲の部材を痛めないよう養生したりするが、本来的ないのちの養生はあまり顧みられなくなった。
 ここでは、貝原益軒の『養生訓』をはじめ、禅や道教に伝わる方法なども参考にしながら、実際のいのちの養生法を考えてみたい。
 いや、考えるというより、私もできるかぎり経験的に書くつもりだから、皆さんも実際に試してみていただきたい。
 僧侶としての私は、現実に人が亡くなった場合には、むろん短すぎた人生を批判したりはしない。太く短い生き方とか、善(よ)き人であるがゆえの夭折(ようせつ)など、そんな場合に使える理屈もいろいろあるから、とにかく全ての人生を肯定的に受けとめて見送るのである。
 しかしまだ生きている人々にはそうは申し上げない。からだも心もその本質を知って上手に取り扱えば必ずや長保ちする。それは当然のことではないか。
 益軒先生は、「五十なれば不夭と云(いい)て、わか死(じに)にあらず」とおっしゃる。私は不夭にようやく仲間入りした新参者だが、現時点での「お大切」をとにかく綴ってみたい。序論なので今回は内容らしい内容がない。川口画伯、あとは宜しく。
川口澄子
画/川口澄子
次号にfaidout
次号からは、月刊「清流」誌でご覧下さい。
月刊「清流」は年間予約購読制の雑誌で、毎月月初の発売です。

前に戻るup