購買部 ご利用案内 お問い合せ

催し

おしらせ

【更新日:2019年1月17日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月18日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:エスカレーターの作法
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2019年1月9日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月11日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:神様は飽きっぽい
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2019年1月7日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

やがて死ぬけしき
日時:1月12日(土) 14:00~15:30
会場:NHK文化センター仙台教室(仙台市青葉区立町27-21)
受講料:会員3,369円/一般(入会不要)3,931円
テーマ:仏教法話「やがて死ぬけしき」
内容:「やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」。芭蕉は死ぬ直前まで全力で鳴き続ける蝉の生き方に、共感したとも言われています。人として晩年を迎えるための心構えについて考えます。
>>詳細・申込みはNHKカルチャー仙台教室のサイトをご覧ください。

おしらせ

平成31年の「希望の一文字」を揮毫しました。
三春まちづくり公社では「希望の一文字を当てよう!クイズ」を実施しています。詳しくはリンク先をご覧ください。
>>希望の一文字揮毫 福聚寺、三春だるま市で披露(福島民報)
>>平成31年(2019年)“希望の一文字”を当てよう! (Find!三春)

おしらせ

不定期コラム「雪月花」を更新しました。

【更新日:2018年12月28日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月4日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:己亥(つちのとい)
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月27日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月28日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:頭のお休み
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月19日(水)】

おしらせ

暁斎連続講演会 Part 1
暁斎の仏画 -特に追悼絵に見る癒しについて

日時:2019年1月14日(月・祝)14時~
会場:東京国立近代美術館 講堂 東京メトロ東西線「竹橋駅」(1b出口)下車 徒歩3分
参加費:1,000円(申し込み方法は下記参照)
定員:150名
主催:公益財団法人河鍋暁斎記念美術館
内容(案内チラシより):
暁斎は、浮世絵師の歌川国芳に学んだ後、駿河台狩野家で修業し「洞郁陳之」の画号をいただいており、本格的な仏画も数多く描いています。今回は、暁斎が描いた仏画を取り上げ、特にその中でも追悼絵である「地獄極楽めぐり図」に込められた想いを芥川賞作家であり臨済宗の僧侶である玄侑宗久先生の眼で読み解いていただきます。

構成(敬称略):
第一部 暁斎の仏画紹介
解説:河鍋楠美(公益財団法人河鍋暁斎記念美術館 理事長・館長)
第二部 暁斎が描いた追悼絵
紹介:曽田めぐみ(東京国立博物館 アソシエイトフェロー) 
講師:玄侑宗久(作家・福聚寺住職)
第三部 鼎談

申込方法:
①河鍋暁斎記念美術館へ電話・メール(下記)へお申し込みいただく
電話:048-441-9780
メールアドレス:kkkb@kyosai-museum.jp
公益財団法人河鍋暁斎記念美術館(埼玉県蕨市南町4丁目36‐4)
②「チケットぴあ」のサイトでお求めいただく
>>暁斎連続講演会 Part 1 暁斎の仏画 -特に追悼絵に見る癒しについて(PDF)

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月21日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:八方美人
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月12日(水)】

エッセイ

「精神療法」掲載のエッセイ「『両行』とこころのレジリエンス」をPDFでもご覧いただけます。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月14日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:無理難題
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月10日(月)】

おしらせ

明日はきっと、いい日になる。
発売日:2019年1月5日(予定)
出版社:PHP研究所
ページ数:160頁
定価:本体680円+税
ISBN:9784569842011

内容(出版社サイトより):
がんばっているのに、うまくいかない。
つらいことや嫌なことがあると、頭から離れない。
自分の選択はこれでよかったのかと迷う。
自分にとっての幸せが、よくわからない……。
人生いいことばかりではないから、心がふさいでしまうこと、ありますよね。
ただ、同じような境遇にあっても、心穏やかに暮らしている人はいます。そのヒントは、「物の考え方」や、「心の持ち方」にありそうです。
つらいことも、いやなことも、まったくなくなることはないけれど、それでも前を向いて歩いていく。そんな力を与えてくれるアドバイスを、さまざまな人生経験を積んだみなさんから教えていただきました。
まずは、自分の人生を受け入れる――坂東眞理子
悩むのも能力のうち。不安と同居しながら生きていく――養老孟司
弱い自分を受け入れると、心が整理されていくーー小池龍之介 ほか。
*月刊誌『PHP』および『PHP』増刊号の好評記事を再編集。

玄侑が「想定外のことは起こりうる。それが人生」というタイトルで登場しています。
この本はコンビニエンスストアでの発売となるほか、Amazonなどでもお買い上げいただけます。
>>明日はきっと、いい日になる。(Amazon)

【更新日:2018年12月6日(木)】

エッセイ

「精神療法」掲載のエッセイ「『両行』とこころのレジリエンス」を転載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月7日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:パレートの法則
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月4日(火)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 やがて死ぬけしき
演題:やがて死ぬけしき
日時:2019年3月27日(水) 14:00開演
場所:三井ガーデンホテル千葉3階 飛鳥の間(千葉県千葉市中央区中央1丁目11-1)
入場料:会員 3,240円/一般 3,564円

内容:このタイトル、もともと芭蕉の詠んだ句の前半で、全体としては「やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」と続く。死ぬ直前まで死ぬ気配さえ感じさせない蝉の生き方が立派だというのである。死後のことまであれこれ事前に決めようとする現代人には考えられないことだが、未来を想定しないマインドフルな豊かさと強さを考えてみたい。また死をめぐる現代の状況についても多角的に眺めてみよう。
>>玄侑宗久講演会 やがて死ぬけしき

【更新日:2018年11月30日(金)】

おしらせ

「精神療法」にエッセイを執筆しました
金剛出版の「精神療法 vol.44 No.6 特集 「現代のヒト~からだ~こころ」を考える―エキスパートの極上・人間論を満喫しよう!」にエッセイ「『両行』とこころのレジリエンス」が掲載されています。

「精神療法」は全国の書店,生協でお求めになれます。また、定期購読もできます。
●本誌隔月刊(偶数月5日発売)、増刊号年一回(5月刊行)
●年間購読料15,984円(税込) [本誌2,160円×6冊+増刊号3,024円]
>>精神療法 第44巻第6号

【更新日:2018年11月29日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月30日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:卵の不思議
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年11月26日(月)】

おしらせ

11月25日の日本経済新聞日曜文化面「随想」掲載のエッセイ「ネットとキノコ」を転載しました。
>>ネットとキノコ

【更新日:2018年11月22日(木)】

おしらせ

11月27日の読売新聞朝刊「平成」についてのアンケート結果にまつわるインタビュー記事に登場します。
>>読売新聞

【更新日:2018年11月21日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月23日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:風のうわさ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年11月20日(火)】

おしらせ

11月25日の日本経済新聞日曜文化面「随想」にエッセイ「ネットとキノコ」が掲載されます。
>>日本経済新聞

【更新日:2018年11月15日(木)】

おしらせ

堀江重郎 対談集 いのち――人はいかに生きるか
著者:堀江重郎
発売日:2018年11月30日(予定)
出版社:かまくら春秋社
版型:A5判上製
ページ数:284頁
定価:本体2,500円+税
ISBN:9784774007588

内容(出版社サイトより):
政治、哲学、文学、医療、芸能、スポーツ…
医療現場の最前線で診療に当たる泌尿器科の異才・堀江重郎が、さまざまな分野の賢人たちと「いのち」について語り合う!

対談者(登場順)
山折 哲雄(宗教哲学者・評論家)
金澤 泰子(書家)
三木  卓(作家・詩人・翻訳家)
やなせ たかし(漫画家・作家)
太田 治子(作家)
金田 正一(元プロ野球選手・監督)
林家 木久扇(落語家・漫画家)
谷垣 禎一(政治家)
柳澤 伯夫(元厚生労働大臣)
棚橋 善克(泌尿器科医)
武藤 真祐(医師)
森  和俊(京都大学大学院理学研究科教授)
前田 万葉(カトリック大司教・枢機卿)
玄侑 宗久(作家・福聚寺住職)
伊藤 玄二郎(担当編集者・星槎大学教授)

<著者紹介>
堀江 重郎(ほりえ・しげお)
1960(昭和 35)年、東京生まれ。泌尿器科医。日米の医師免許を取得し、分子生物学、腎臓学、腫瘍学、内分泌学について研鑽を積む。日本で初めてメンズヘルスクリニック、および大学病院の医師による在宅医療を開設。現在順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学主任教授。日本抗加齢医学会理事長。著書に『男性の病気の手術と治療』(かまくら春秋社刊)。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月16日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:金銭感覚
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年11月8日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月9日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:地面師
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

backnumber

新刊

11月9日発売

3月27日発売

1月4日発売

CD・12月31日発売

8月26日発売

8月25日発売

京都花園大学
玄侑宗久favotter
新潟薬科大学>>>
RFCラジオ福島
「深野健司朝から全開!」
毎週金曜 8:20~26「全開朝ゼミ!」

インターネット配信

日曜論壇 福島民報に連載。
うゐの奥山 中日新聞・東京新聞・北海道新聞・北陸中日新聞に掲載。
映画「無常素描」
映画
白隠
ふくしまキッズ夏季林間学校
こおりやま文学の森
エリック京極
母から子への手紙
法光
前に戻るup