新刊・近刊

心をたもつヒント
76人が語る「コロナ」

2020年9月19日 発売 909円+税

日本の仏教と十三宗派
2020年8月27日 発売
猫はあくびで未来を描く
2020年8月25日 発売
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ
2020年5月9日 発売
泣いたあとは、新しい靴をはこう。  10代のどうでもよくない悩みに作家が言葉で向き合ってみた
2019年12月11日 発売
【文庫】荘子と遊ぶ 禅的思考の源流へ
2019年8月8日 発売
からだ、こころ、いのち 動作法と禅からの見方
2018年11月9日 発売
堀江重郎対談集 いのち 人はいかに生きるか
2018年11月1日 発売
憲法についていま私が考えること
2018年9月21日 発売

エッセイ(ランダム表示)

有情の春

2005年4月26日

 仏教には、この世のすべての物を「有情」と「非情」とで分ける習慣がある。「有情」は唐の玄奘(げんじょう)三蔵が梵(ぼん)語の sattva(サットバ) を訳した言葉で、それ以前は「衆生」と訳されていた。  衆生だと、生き […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

剃髪への目覚めと、その後

2005年10月1日

 初めて頭を丸めたのは、小学校三年のときだった。これは綽名が「ぼうず」であったため、それに反抗する気分からだろう。「おうさ、坊主になってやろうじゃないか」という程度の、少年とすれば少し自虐的だが、勇敢な冒険だったのだと思 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

地霊の王国へ

2015年1月5日

 私は以前、自分なりに「地霊」という隠しテーマをもって、『四雁川流景』(文春文庫)という短編集を上梓したことがある。それはある想像上の町の、古代から積み重なった大地の記憶を覗く程度の、ささやかな物語であった。  今回、村 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)
トップへ戻ります