新刊・近刊

心をたもつヒント
76人が語る「コロナ」

2020年9月19日 発売 909円+税

日本の仏教と十三宗派
2020年8月27日 発売
猫はあくびで未来を描く
2020年8月25日 発売
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ
2020年5月9日 発売
泣いたあとは、新しい靴をはこう。  10代のどうでもよくない悩みに作家が言葉で向き合ってみた
2019年12月11日 発売
【文庫】荘子と遊ぶ 禅的思考の源流へ
2019年8月8日 発売
からだ、こころ、いのち 動作法と禅からの見方
2018年11月9日 発売
堀江重郎対談集 いのち 人はいかに生きるか
2018年11月1日 発売
憲法についていま私が考えること
2018年9月21日 発売

エッセイ(ランダム表示)

「もらい笑い」の思い出

2005年9月1日

 最近はあまり聞かないが、かつて中国には泣き女・泣き男という習慣があった。つまり儒教で葬儀をするに際し、儒教には僧侶に当たる人がいないので、儀式ぜんたいを泣くことで盛り上げ、ある種のカタルシスにまで運んだのだろう。  唐 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

さすらいの「縁起」

2020年1月1日

 どうやらここで私に期待されている役割は、本来の「縁起」の意味を提示することらしい。つまり「良い」とか「悪い」とか、挙げ句は「担」がれたりもする縁起だが、そもそも縁起とはいったい何なのか、そのことをご期待に沿うべく書いて […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

運命の休刊

2010年12月15日

 大学生の頃、学校にはあまり行かず、小説を書いていた。自分の輪郭もよく分からず、「文体」にも意識は行き届かなかった。新人賞に応募しても二次選考に通らないこともあり、鬱屈した日々だった。  ところがある新人賞で最終選考に残 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)
トップへ戻ります